Uncategorized

少しも改善しない厄介なアトピーの原因は…内臓の冷え!?

大人~子どもまで関係なく皮膚トラブルに悩んでいる方は、
実は結構多いようです。

しかも、悩む方は減るどころか年々数が増加傾向にあり、
近年とても問題視されている病気としてアトピー性皮膚炎が
挙げられています。

■アトピーの原因について

アトピーに悩まされる確率が高い方の特徴は、アレルギー体質・
皮膚表面のバリア機能が弱っているなどです。

様々な原因が考えられますが、治療法はステロイド・免疫系の
コントロールが主なようです。

また最近では、上記のような病院でしてもらう治療の他に、
肌への刺激を減らす・内側ケアが注目されています。

アトピーのような皮膚の症状は、ハウスダスト・紫外線・
物理的刺激・汗・カビなど様々な刺激でさらに悪化してしまう
可能性がありますので注意してください。

■原因は遺伝の他にもある

アトピー・アレルギー体質の場合、昔から子供に遺伝しやすいと
思われてきました。

ですが実際には、その考えには確実な根拠はなく、中には全然
子どもに遺伝していないケースもあるようです。

なので正確に原因について知ることが大事なんですね。
そうすればしっかり対策ができ、アトピー予防・改善が期待できると
いうわけです。

最近では、考えられるアトピーの原因のひとつに、皮膚の問題に
あまり関係なさそうな「内臓の冷え」がプラスされました。

内臓の冷えとアトピーの関係とは、一体どういったものなの
でしょうか?

今回は、その気になる点について調べました。

改善しづらい厄介なアトピーに悩んでいる方は、参考に目を通して
みてください。

■アトピーは内臓の冷えが原因?

①体の冷え=万病のもと

「体の冷えは万病のもと」なんて昔から言われてきましたが、
まさか無関係に思える内臓の冷えがアトピーの原因とは…

最初は信じられないかもしれませんが、実はこれには正確な根拠も
ちゃんとあるんですよ。

アトピーというのは、体内に溜まった毒素を皮膚から対外へと
排泄している状態なんです。

ですから、最初から体内に毒素を溜めないことが、アトピー予防・
改善に効果的なようです。

②内臓の冷え=新陳代謝の低下

体内に毒素が溜まる原因として考えられるのが、体の新陳代謝が
低下してしまったと言う事です。
そこに内臓の冷えが深く関係しているんですね。

一般的に体内の体温は、常に37度以上に保たれているのが普通で、
それ以下なら新陳代謝低下が起こってしまいます。

近年、低体温にお困りの方が増えてきたようで、それに比例するように
アトピーにお悩みの方も増えているようです。

内臓が冷えることで、体温まで低下してしまうことになり、
さらに悪化すると新陳代謝低下まで…
結果、スムーズに体内の毒素が排出されすに辛いアレルギー症状が
悪化してしまう原因になるんだそうです。

コメントを残す